So-net無料ブログ作成

懐かしいこうせつと拓郎 [音楽]

[ぴかぴか(新しい)]     [ぴかぴか(新しい)]     [ぴかぴか(新しい)]

昨夜は遅くまでDM作り[exclamation&question]・・・

途中どうしても眠くなり、寝て、朝続きをやり、やっと出来上がりました。

印刷屋さんは今日までなので、何とか送る事が出来ました。

何もそんなに急がなくて良いのだけど、今日までやると割引クーポンが使えるのと、

今年中にやっておくと、来年少しでも楽が出来るかな[exclamation&question]と・・・

いつもはぎりぎりなのに、安くなるというだけで頑張っちゃう私って、せこいよねぇ・・・(笑)

いいんです[exclamation]いいんです[exclamation×2] そんな小さな事で奮起出来る私って、本当に単純なやつ。[わーい(嬉しい顔)]

明日は息子たちが帰って来るぞ[exclamation] 楽しみ[exclamation×2]

[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

2、3日前の夜にBSテレビで、2006年のつま恋コンサートをやっていた。

何気なく見てたけど、懐かしくて11時の最後まで見てしまった。

DSC05087.JPGDSC05085.JPG

「おぉ・・・ 拓郎だぁ[exclamation]」 ・・・[揺れるハート]

グループサウンズからフォークへと青春を過ごした私は

歌っている姿や曲を聴いているだけで、自然に一緒に口ずさんでしまう・・・

曲と共に、その頃の思い出がビデオのように瞼に次々蘇って来る。

かぐや姫は、コンサートに行った事もあったので、もっと懐かしかった。

DSC05099.JPGDSC05100.JPGDSC05102.JPG

東京に行って初めて見たコンサートはアリスとかぐや姫。。。

夏休みにアルバイトした時、音痴な私が、かぐや姫の曲を口ずさみ、

励まされながら、毎日働きに行った。

そのお金で、初めて飛行機に乗り、北海道に旅行した事・・・ 等など・・・

若かった頃の思い出が沸々と蘇って来る。

テレビの画面を見てると、聴きに来てる3万人のファンと同じ世代。。。

DSC05094.JPG

自分もつま恋が近くだったら、この中のおっさん、おばはんと同じかも[exclamation&question]

と思いながら、楽しませていただきました。

[黒ハート] あぁ・・・懐かしい青春 [揺れるハート]

[ぴかぴか(新しい)]     [ぴかぴか(新しい)]     [ぴかぴか(新しい)]

 

 

 

 


nice!(13)  コメント(14) 

青森ジュニアオーケストラOB会コンサート [音楽]

C03271.JPGC03272.JPG

昨日の夜、第3回 星の牧場フィルハーモニー交響楽団演奏会に行った。

星の牧場フィルハーモニー交響楽団は青森ジュニアオーケストラのOBの会。

これは本番が始まる前の、お客様を迎えるロビーコンサートです。。。

 [ぴかぴか(新しい)]     [ぴかぴか(新しい)]     [ぴかぴか(新しい)]

30年以上続いている青森ジュニアオーケストラに小学5年から所属していた長男。

高校を卒業してOBとなり、そのOB会が二年に一度全国から仲間が集まりコンサートを開く。

みんな卒団して、大学生になったり、いろんな職業に就いている。

プロになっている人もいる。。。

音楽が好き[exclamation]オーケストラの仲間が好き[exclamation]で、

「やるよ[exclamation×2]」の一言で集まり、一つの音楽を作り出す。。。[揺れるハート]

仲間っていいですね[exclamation] 同じ釜の飯を食べた同級生のような音楽仲間。

年齢も職業も、男女の壁もなく、舞台で一体となり、曲を奏でる。

[ぴかぴか(新しい)] 素敵な関係だなぁ~と・・・ [ぴかぴか(新しい)]

[ぴかぴか(新しい)]     [ぴかぴか(新しい)]     [ぴかぴか(新しい)]

今年は、J・スベリウス作曲 交響詩フィンランディア作品26・・・指揮 鷲見 尚保

E・グリーグ作曲 ホルベルグ組曲作品40・・・指揮 沖澤 のどか

A・ドボルザーク作曲 交響曲第8番 ト長調作品88・・・指揮 村川 芳信

3人の指揮者の下で、一つの音楽が作りだされて行ったのです。

 

沖澤 のどかさんはジュニオケOBで、現在芸大指揮科に在学中。

小さい頃からピアノ、ジュニオケではチェロ、高校の吹奏楽部ではオーボエをこなす。

小さくて、可愛いノンちゃん(通称)が指揮棒を操る。。。

C03313.JPG

華麗な手の動きで、一つの音楽が作りだされて行く。

そんなノンちゃんの本番前の素顔と本番の指揮をしてる姿をご覧下さい。

non.gif

チェロ奏者のお姉ちゃんと談笑・・・

本番前に新しい靴を履く時・・・

本番で華麗な指揮さばきを披露。。。

そんなりりしいノンちゃんも結構ひょうきんな面もある。

C03298.JPG

指揮の村川先生、鷲見先生と手を取り合う。

曲が流れ、あっという間に一時間半が過ぎた。

楽しい時間は過ぎるのが早いし、演奏してる団員の楽しさが伝わって来た。

楽しさは連鎖し、観客と独特の一体感溢れる世界を作り出す。

[ぴかぴか(新しい)]     [ぴかぴか(新しい)]     [ぴかぴか(新しい)]

C03357.JPG

終わってから記念写真。

そして、その後、サプライズ[exclamation]

 

20年間指導して来た、名誉指揮者でもある村川先生の還暦のお祝い。

内緒で練習して来たOBから、曲と額のプレゼント。

murakawa.gif

誰もいない客席に奥様と座り、聴きながら思わず感動の涙が・・・

そして、舞台に上がり、団員からプレゼントが贈呈された時、再び・・・

音楽に厳しい指導者ではあるけれど、みんなから愛され、先輩が後輩の面倒を見たり、

横のつながり、縦のつながりをしっかり作って来た指導方法が、

今のこの瞬間を作っているのだと思う。

[ぴかぴか(新しい)]     [ぴかぴか(新しい)]     [ぴかぴか(新しい)]

写真係を仰せつかり、こんな素敵な場面に出会えて、何とも胸が熱くなる。

そして、長男が音楽を通して出来た仲間である素晴らしい先生、先輩、後輩と

心を通じ合わせ、楽しんでいる姿を見て、私もとっても幸せな気持ちになった。

音楽の力、音楽を通して出来た仲間作りの何と素晴らしい事[exclamation]

[ぴかぴか(新しい)] 羨ましい限りです。。。[揺れるハート] 

 

SC03363.JPG

終わった後のざわめきは・・・

みんなでやり遂げた充実感と

これからまたそれぞれの道に進む離れて行く寂しさが、

混然一体となって、微妙な雰囲気を醸し出すものである。

このざわめきは心もようを表しているのかな[exclamation&question]

[ぴかぴか(新しい)]     [ぴかぴか(新しい)]     [ぴかぴか(新しい)]


nice!(14)  コメント(16) 

感激したチター演奏会 [音楽]

 zither.jpg

このチターという楽器をご存知ですか?

30日の夜、青森の野辺地町という所で、内藤敏子さんのチターの演奏会がありました。

言葉では言い表せないほどの感激でした。。。

 

以前、埼玉の年上の友達からチターを演奏している方に

「うさぎがチターを弾いている置物をあげたいので作って欲しい」と注文され作りました。

そのプレゼントされた方が内藤敏子さんだったのです。

 

ある日、新聞でむつに来て演奏を聴いて、とても感激したという記事を読んで、

その記事を埼玉の友達の所に送ったのです。

そしたら、

埼玉から友達二人で「30日に野辺地で開催されるコンサートを見に行きたい。」

というので、私も一緒に行くことにしました。

 

チターという楽器を実際に見たことも聴いたこともなく、CDで聴いただけ・・・

こんなに想像と生とのギャップを感じたことはなかった気がします。

チターは弦が45本もあり、メロディーと伴奏が両方出来、伴奏者がいらない。

音域も広く、6ターブ半とピアノと似ている。

しかも、大きさが人間の肩幅より少し大きい位で、重さがたったの2kgと軽い。

スイスの人たちは高原に座り、膝に乗せながら弾くんだそうです。

音もそんな長閑な感じで、ハイジの世界を感じさせてくれました。

[かわいい]   。   [かわいい]   。   [かわいい] 

スイスでは、チターを弾いていると小鳥が集まって来るんだそうですが、

「日本の小鳥もそうかな?」と思い、やってみたら、やはり集まって来たそうです。

内藤先生の弾いているチターの音を聞いていたら、

野の花のような音で、自然と呼吸を一つになっている感じがしました。

弾き方が優しく、情感が音から・・・ 体から・・・込み上げて、

感情や情景が浮かび上がって来るのでした。

「チターって、素晴らしい[exclamation]

生でなければわからない・・・ 生で聴かなければ、この感激は味わえない。。。

そう感じました。[ぴかぴか(新しい)]

CDを買って車の中で聴いたのですが、音が軽く聞こえて生の音とは全然違いました。

「音って、本物と人工的に作っているのではこんなに違うんだ」

と思い知らされた感じがしました。

終わってから楽屋を訪ね、一緒に写真にも入って握手もしていただきました。

左から2番目が内藤先生です。

SC07047.JPG

音楽って、本当に人間の心を動かすものですね。。。[ぴかぴか(新しい)]

内藤先生のお人柄が音ににじみ出て、

私の心を揺り動かしたのでしょう・・・

なんと、素晴らしい[exclamation]

 

帰り道、興奮して目がギンギン・・・

夜道1時間半も幸せ気分で苦手な車の運転も苦になりませんでした。

[かわいい]   。   [かわいい]   。   [かわいい]

こんな機会をくれた埼玉のお友達に感謝[exclamation] 感謝[exclamation×2]

そして、

チターの音、内藤先生の素晴らしさを少しでも伝えられたらと思います。

ぜひ、聴く機会があったら、聴いてみてください[exclamation×2]

。   。   。 

長男にも聴かせたかったなぁ~[exclamation×2]

。   。   。

そうそう・・・ 内藤先生は秋篠宮紀子様のチターの先生でもあるんです。。。


nice!(2)  コメント(0) 

KAT-TUNコンサート [音楽]

DSC06462.JPGDSC06461.JPG

ジャニーズ好きのスタッフは、先日東京にKAT-TUNコンサートに入って来ました。

こんあ大胆な団扇を作って、応援[exclamation]

上手いでしょう・・・目立つでしょう・・・派手でしょう・・・

これを見て亀梨のファンだと一目でわかります。

それから、こんな光ものも・・・

DSC06409.JPGDSC06408.JPGDSC06407.JPGDSC06406.JPG

4色に変わるんですよ。。。[揺れるハート]

 

先日、スタッフからこのグッズを借りて、暗い部屋でこれを付けて、

ビールを飲みながらテレビを見て楽しんでいました。

一人ビールだから(まりんがいました)雰囲気だけでも良くしないとね。。。[ぴかぴか(新しい)]

 

DSC06381.JPG

 高級栗甘納豆とまりんに似たチワワの磁石をお土産に買って来てくれたのです。

DSC06463.JPG

「美味しかったぁ~ありがとう[exclamation]」。。。[揺れるハート]


nice!(2)  コメント(2) 

ピアノの音色 [音楽]

 

今日、3か月ぶりにピアノの音色を聴きました。

[るんるん] やっぱりほっとする音ですねぇ。。。[るんるん] [るんるん]

子供達が小さい頃から当たり前のように聴いていた音が・・・

だんだん・・・

長男がいなくなり・・・ 

次男が音楽とは違う方向に向かい、受験勉強で弾かなくなった。

。   。   。

居間にドーンと置かれて幅をきかせているのに、いつも寂しそうにカバーが掛けられている。

私が6年前癌になった時、ガン保険に入っていて、そのお金で買ったピアノ・・・

「私の命だから」と冗談半分で子供達に言って脅してました。

  

やっと受験も終わり、次男に「ピアノやったら?」と言ったら・・・

久しぶりに蓋が開かれたグランドピアノ。[ぴかぴか(新しい)]

白と黒の鍵盤が心なしか嬉しそうに見えたのは気のせいかしら?

[るんるん]  。 [るんるん] 。  。 [るんるん]  。  [るんるん]  。  。  。 [るんるん]

2月になったら長男が帰って来て、きっといっぱい可愛がってくれると思うよ。

待っててね、ピアノさん[exclamation]

 

 


nice!(1)  コメント(2) 

白鳥 [音楽]

0.JPG

先日散歩で行った時の白鳥たち。。。

じっと見てたら、羽を広げていて、バレエを連想してしまいました。

[ぴかぴか(新しい)] 01 白鳥. 

徳永兼一郎さんのチェロ演奏による 「白鳥」 聴きながら、

                ゆったりした気分でスライドショーを見てください。

   

 

私はチェロの音色で白鳥たちが踊っているように見えませんか?

[るんるん]   。   [ぴかぴか(新しい)]   。   [るんるん]   。   [ぴかぴか(新しい)]   。   [るんるん]

徳永兼一郎さんのチェロの音色は本当に素敵ですよね。

[ぴかぴか(新しい)] いつもうっとりして聞いています。 [ぴかぴか(新しい)]

 

[るんるん]   。   [ぴかぴか(新しい)]   。   [るんるん]   。   [ぴかぴか(新しい)]   。   [るんるん]

初めて曲挿入デビューです。

簡単に出来ると思っていたのに、やっぱりすったもんだがあり、

やっと入れることが出来、ニンマリ[わーい(嬉しい顔)]嬉しい笑顔の私です。 [揺れるハート]

 

 


nice!(1)  コメント(8) 

ジュニアオーケストラ定期演奏会 [音楽]

DSC04350.JPG

昨年まで長男が所属していたジュニアオーケストラの28回定期演奏会を見て来ました。

長男が小学1年生の時から13年間、毎年見続けて来た定期演奏会。

でも、昨年卒団していないので、

今年はずっとやって来た仲間たちの演奏を聴かせてもらいました。

演奏曲は、

1、「天国と地獄」序曲

2、久石 譲 オーケストラ・ストーリーズ「となりのトトロ」より

さんぽ ・ 五月の村 ・ 風の通り道 ・ となりのトトロ

3、ロングロングアゴー変奏曲(プレジュニア)

4、バレエ組曲「白鳥の湖」作品20aより

「となりのトトロ」が楽器を紹介しながら物語風に音楽を展開していたので、

子供にもわかりやすかったのではないかな?

私も楽しく聴くことが出来ました。

 

 ちょっと寂しかったのは、卒団する子に花束がなかったこと・・・

昨年長男がみんなの前で花束をいただた時、

親としても子供と同じ気持ちで「卒団」したような気分に・・・

そして、

小さい頃からのジュニオケに関わったいろいろな思い出が蘇ったものでした。

卒団する大きい子を見て「自分もそうなりたい!」と目標にしながら、

小さい子たちは先輩達を見ている。

花束はそういう役目をするのではないでしょうか?

私はそれがなくなったような気がして、一抹の寂しさを感じたのでした。

 

ジュニオケの演奏会は、仕事に追われていただけに癒されたひとときでした。

 

楽しい時間を有難う[exclamation]

 


nice!(0)  コメント(3) 

デジタルオーディオとCD作り [音楽]

DSC03850.JPG

次男がデジタルオーディオを持っていて、私も欲しくなり、

1か月前に広告に載ったので買って来ました。

パソコンからも、線で直接でも入れられるからいいかなと思ってこれにしたんです。

でも、説明書を見て、じっくりやる時間がないのと、

億劫で気おくれしてなかなか手を付けずにいました。

やっと、3日前パソコンで入れようと決心し、説明書を片手に・・・

「出来ました[exclamation×2]

な~んだ[exclamation×2]やれば出来るじゃん[exclamation×2]

覚えたら簡単に感じるもの・・・それなのに・・・

何で取り掛かるまで億劫なんだろね[exclamation&question]

どうして機械に触るのが怖いんだろう?

 

年をとるって、こういうことを言うんですよね。。。

向こう見ずになれない・・・

何でも気おくれし、なかなか取り掛からない・・・

良く言えば慎重。

 

ついでにCDの書込みも挑戦してみました。。。

DSC03852.JPG

ほら[exclamation]「出来ました[exclamation×2]

プリンターでCDに印刷もやってみました。

出来るようになるって、本当に嬉しい[exclamation×2]

自分のために作ったCDを見ながら、

「う~ん[exclamation]本物に近い[exclamation]サインまであり、イケる[exclamation]

と誰も褒めてくれないので、自分で自分を褒めて感激していました。

・・・ニヤニヤしながら・・・ね[exclamation×2]

 

そういう時は、半分若者になったつもりで、

「う~ん[exclamation×2]次は何に挑戦しようかな[exclamation&question]

とやる気満々になっている自分がいます。

 

 

年寄りになったり・・・若者のふりしたり・・・

とっても微妙なお年頃なんですよ。。。[揺れるハート]

 

 


星の牧場フィルハーモニー交響楽団 [音楽]

03474.JPG

青森ジュニアオーケストラOB会の2回目の演奏会でした。

長男も今年からOBとして堂々と出演し仲間入りさせてもらいました。

先輩達と楽しそうに演奏している姿を見ていて、親としては微笑ましく、嬉しい

本当は演奏している写真があればいいのですが、

演奏中は写真禁止なので、終わった後の記念写真です。

03470.JPG

今年の演奏曲は歌劇「ウインザーの陽気な女房たち」序曲・・・ニコライ

    チェロ協奏曲 第1番 ハ長調・・・ハイドン

交響曲 第5番 ハ短長 Op.67「運命」・・・ベートーヴェン

ソリストはOGの沖澤 直子さんです。

長男のお姉ちゃん的存在。

小学5年からチェロを通じていろいろと面倒を見てくれる、とっても優しい子(方)なんです。

今回も素晴らしい演奏を披露して、演奏会を盛り上げてくれました。

[るんるん][るんるん] [るんるん] 「素敵でしたよ!直ちゃん!」 [るんるん][るんるん] [るんるん]

指揮者の鷲見尚保先生(東京からかけつけた)や長年の村川芳信先生と一つになって、

ハーモニーを奏でていました。

03464.JPG

6時半の開演の前にお客様のお出迎えにロビーコンサートもしました。

ジュニオケの定期演奏会でもやっているのですが、

私はこの小さなお出迎えコンサートが大好きなんです。

緊張感のないゆったりした雰囲気・・・室内楽の楽しさがふんわりと伝わって来ます。

 

2年ぶりの楽しい演奏会でした。

[ぴかぴか(新しい)] 音楽を通じて集まった素晴らしい仲間たちに「乾杯[exclamation×2]」 [ぴかぴか(新しい)]

そして企画していただいたNPO法人「音楽ネット青森」さん

「ありがとうございます[exclamation×2]

 

 

 


ピアノの発表会 [音楽]

昨日は、息子二人のピアノの発表会でした。。。

長男は高3なので、最後・・・  きっと、二人揃っては最後の舞台かも・・・

10回位経験してても、やはり「上手く出来るかしら・・・」って、ハラハラするものです。

小さい子から始まったのですが、その小さい子たちを見ながら、「家の子が小さい頃もこんなだったよな」って、小1頃からの光景を思い出していました。

今まで、10年以上も練習を続けて来たんだよなぁ~

私は「ピアノ練習しなさい!」って、よく怒るけど・・・ 

何やかんや言いながらも息子達は頑張っていると思います。

ドキドキさせられるのも、親孝行の一つかな?

我が家の今年のイベントがまた一つ終わりました。。。  

 

今では、写真なんか出そうもんなら「肖像権があるから、だめ~!」って、言われるから、ピアノをやってる雰囲気だけにしました。。。


青森ジュニアオーケストラ定期演奏会 [音楽]

今日が本番でした!青森ジュニアオーケストラの27回目の定期演奏会。

小学5年から入団した長男は、今日で卒団。

今日は、最後の晴れの舞台です。

ほんの少し、ソロのやる部分があるし、花束もいただける。

小さい頃からの憧れでした。

親としては、ソロの部分を弾きこなせるか心配で心配でしょうがありませんでしたが、スムーズに弾きこなした時は、私もホッと胸を撫で下ろしたものです。

その後は、オーケストラの音色を聞きながら、4年生で舞台に立った時のこと・・・

いろんなアクシデントがあり、8年間の思い出を振り返っていました。

この8年間でいろんなことがあったジュニアオーケストラ・・・

お姉さん、お兄さんに可愛がられ、いろいろ教えてもらい、とっても楽しそうに毎週通っていた入団まもない頃。

だんだん卒団したりやめて行って、団員が減り練習に行ったら、長男一人だったりの日もあり、真にやめたいなぁと思ったに違いありません。

それでも、ちょっとずつ、団員が増えて来て、今のように函館ジュニアドリームオーケストラも応援に駆けつけ、今のように大人数で演奏出来るようになったのです。

新しい友達が出来、先輩後輩が出来て、仲間とやる音楽が大好きになったのです。

ジュニアオーケストラに育てらえた8年間だったと思います。

音楽って、素晴らしいですね!仲間って、なんて素敵なんでしょう。。。

ジュニアオーケストラを支えてくださった先生や仲間、事務局の皆さん有難う!

そして、「卒団おめでとう!」

「8年間やり通したね!頑張ったね!お母さんは誇りだよ!」

 

今日は雪がちらつく中、見に来てくださり、本当に有難うございます。

 


青森ジュニアオーケストラ定期演奏会のお知らせ [音楽]

青森ジュニアオーケストラ定期演奏会

11月18日(日) PM1:00開場 1:30開演

入場料 無料  場所市民ホール(旧ぱるる) 

長男が所属しているジュニアオーケストラの27回目の定期演奏会です。

長男は今年で卒団なので、団員として最後の定期演奏会になります。

小学3年から高校までの子供達のオーケストラですが、函館のドリームオーケストラの子供達や卒団生が駆けつけてくれて、賑やかに楽しく演奏します。

このために1年間地道な練習を続けて来ました。

その成果を見に来てね!

一人でも多くの人に見てもらうと、子供達もやりがいがあるというもの。。。

よろしく御願いします!

 


中島みゆきコンサート [音楽]

中島みゆきコンサートを見て、さっき帰って来ました!

久しぶりのコンサートに感動!

恥ずかしい話ですが、30年ぶりくらい遠い昔に行ったきりのような気がします。

凄いパワーですね。中休みなし・・・ぶっ続けで、2時間40分。。。

こんなコンサート初めて・・・と言っても、30年ぶりじゃぁ コンサート経験少ないんだから、比べようがないですよね。

50過ぎているのに、体も細いのに、どこからそんなパワー湧き出るのかしら?・・・

当たり前かもしれないけど・・・ 見に来ている年齢層が高い。

中島みゆきと一緒のバックバンドのメンバーも同じで年齢層が高く、禿げが多い。(ごめんなさい)

驚いた事は今はバックバンドに、普通にバイオリン、ビオラ、チェロが入っているんですね。

お話が多く、歌っている時の迫力と違って、可愛い声で面白い。。。

席が2階席の5段目だったので、顔など全然見えず、うちのスタッフから借りた双眼鏡二つを首に下げ、代わる代わる見て、楽しんでいた。

倍率が違う双眼鏡をその時の状況で代えていたので、肉眼(老眼)と合わせて、3種類の目で見ていたのだが、なかなか美人ちゃんでした。

最後は盛り上がり、最高でした!

こういう機会があったら、また行きたいなぁ~!

 


チェロの音色 [音楽]

 
昨日の夜は長男に付き合って、チェロのレッスンへ・・・
(遠いので送り迎えをしているのです。)
 
ジュニアオーケストラに入団して8年目。
 
今年で卒団(高校3年生まで)という最後の定期演奏会なので、少しでも上手に弾けたら・・・
 
と言う思いで少しの間、レッスンに通う事にしました。
 
次男には、2年半くらいレッスンに付いて行って、レッスン風景を見ていたのですが、
長男のを見たのは今回が初めて・・・
 
反抗期が長くて、いつも私が怒っているようなことが多かったので、
こんな素直で自然な雰囲気を醸し出しているのが、とっても素敵に思えた日でした。
 
先生と楽しそうに穏やかにやっている姿は、私の気持ちを落ち着かせ、長男の優しい心持を感じさせたのです。
 
そして・・・
二人でやっているチェロを聴きながら、暇な私は、本を読んでいた。。。
 
読んでいて、ふと 「こんな生バックミュージックで本を、読めるのは幸せかも・・・」
と感じたひとときでした。
 
別に凄く上手ではないけれど、二人(二倍の音量)で弾いているハーモニーと、楽しんで弾いている心持が音色に表れているような気がしました。
 
人の心を動かす音楽というのは、もちろん音楽技術も必要であるけれど、「弾く人が好きで、楽しんでいるかどうかが、一番音の端々に表れるのかな?」と・・・ 
 
きっと、私の仕事も同じで、どんな心持で作っているかが、見ている人に伝わるんでしょうね。。。
 
 
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。